テトコ設定シリーズ04☆講師マスタ

個人教室向け顧客管理アプリ テトコ

テトコ利用開始時に設定するそれぞれのマスタについて説明する「テトコ設定」シリーズ。今回は「講師マスタ」です。

 

個人教室の場合先生はひとりの場合が多いですが、複数講師がいたり外部講師の方がレッスンをするというケースも少なくありません。そういう時に使うと便利です。

では講師アプリを設定していきましょう

「講師」のアプリをクリックするといつもの一覧画面。右上の+ボタンをクリックすると新規画面。これはどのアプリも共通。
個人教室向け顧客管理アプリ テトコ

新規画面で必要項目を入力します。

お支払用の口座の登録も出来ます。

 

個人教室向け顧客管理アプリ テトコ

講師氏名入力時のポイント

最初の講師氏名はテトコを申込んだ方の氏名にしましょう。ここでは「松本 美佐」が一番目になっています。

個人教室向け顧客管理アプリ テトコ

テトコを運用していくと、「受講情報」や「教室カレンダー」の作成時に講師氏名を取得する場面がたびたびあります。講師はほぼ松本美佐なのにいちいち講師名松本美佐を取得するのはなんか手間ですよね。

個人教室向け顧客管理アプリ テトコ

なので「講師マスタ」の1番目に入っている講師氏名とテトコ申込者氏名が一致している場合この氏名がデフォルトで入る「講師名」に入る設定になっています。

*ただしこの講師氏名とテトコ申込時の氏名が一致していないと取得しませんのでご注意を。氏と名の間に半角スペースが入っているいないも統一してくださいね。

講師を入力し運用していくと、各講師マスタに一覧データが表示されるようになります

担当レッスン一覧

個人教室向け顧客管理アプリ テトコ

実施履歴一覧
個人教室向け顧客管理アプリ テトコ

担当レッスン数、実施レッスン数で、講師に支払いをする場合もちょっと便利ですね!

リトルヘルプ合同会社 一応代表
お菓子教室&食育コミュニティ 横浜ミサリングファクトリー 代表

教室業の庶務をどうにかしたい!から顧客管理アプリの開発に着手。それからたくさんの経営者さんの話を聞き「もっとITを活用しよう」を推進するプロジェクトをはじめました。たくさんの皆さんのご支援の元、2016年9月「テトコ on kintone」リリース&リトルヘルプ合同会社設立。
初級システムアドミニストレータ、中途半端なITオタク。

小さきものが山を動かす






きょうしつの学校「教室開業スクール」