ただいまチーム「テトコ」、クラウド型Webデータベースkintoneのお勉強中。

ただいまチーム「テトコ」、クラウド型Webデータベースkintoneのお勉強中。

「kintoneはやればできる子」と聞いていますが、
いったいなにが出来るんでしょうか。

どんなビジネスにも絶対かかわってくる情報の管理や共有。
Excelでも出来るけど、自分のローカル環境に置いておいたりクラウドでファイルを共有するより、kintoneでデータベース化すると簡単ですっきりする、そんな感じでした。

一番基本的なことは。タスク管理や顧客管理、問い合わせ履歴などをKintoneにおいて、
複数人で情報共有ができる
データ分析ができる
など。

自分で0から作ることもできるし、すでに用意してあるアプリを利用することもできます。データはCSVでExcelから持ってくることも。

データベースって、オフィスやお店で操作することはあっても自分で組むことはまずないのであまり馴染みがないので、データベースという概念を理解することがまず大事かも。WPもそうですがまずは概念を理解。これってなんでも同じですね。

kintoneは色んなことが出来ちゃうので、
「なにが出来るか?」と探るより、
「わたしは○○がやりたいが出来るか?」
という前提を持って、いじるのが理解しやすいだろうと感じました。

初回の感想はそんな感じ。

あと、一番実感したのは、kintoneがあっても、素人が自分でできることには限りが有り、ちょっと複雑なことをしたいと思ったらエンジニアさんに開発してもらう必要があるということ。

現在開発中の個人教室向け顧客管理アプリ「テトコ」はkintoneベースでエンジニアさんがテトコ用にカスタマイズしたものですが、今さらながら「なるほどーー」と思いました。

何度も触れることでkintoneと仲良しになりたいと思います。
まずはkintone触ってみること、お勧めです。

8月30日のkintonecafe神奈川vol.3は満席となりました。

リトルヘルプ合同会社 一応代表
お菓子教室&食育コミュニティ 横浜ミサリングファクトリー 代表

教室業の庶務をどうにかしたい!から顧客管理アプリの開発に着手。それからたくさんの経営者さんの話を聞き「もっとITを活用しよう」を推進するプロジェクトをはじめました。たくさんの皆さんのご支援の元、2016年9月「テトコ on kintone」リリース&リトルヘルプ合同会社設立。
初級システムアドミニストレータ、中途半端なITオタク。

小さきものが山を動かす






きょうしつの学校「教室開業スクール」