個人教室の経営基礎知識

個人教室のレッスン料決済、手数料が少ないキャッシュレスの方法は?

国を上げてキャッシュレスを推進していますが、日本はまだまだ現金が好まれています。

教室業の決済方法に関するデータというのはない(ほんと個人教室はデータがありません)のでまわりの教室のヒアリングで推測するしかないですが、個人教室はほとんどが現金決済です。

とはいえ、現金以外の決済をしたいと思っている教室は少なくなく、以下のようなケースがあります。

  • 決済代行サービスを利用(月謝制教室)
  • 現金メインでカード決済、QRコード決済も導入
  • 初回参加はカード決済、銀行振込での事前入金制

「現金でいいわ」という先生もいるでしょう。

ただ、生徒さんはどうでしょうか。「現金を持ち歩きたくない」「子どもに現金を持ち歩かせたくない」「振込は手間や手数料がかかる」「カードで支払えればポイントがついて嬉しい」生徒さんは先生の都合に合わせてくれるのだけれど、こんなことをちょっと思っているかもしれません。

生徒さんの満足度向上のためにも、キャッシュレスの比率が徐々に増えている時代に合わせるためにも、現金以外の対応も検討しましょう。

 

 

また、レッスン当日に現金を集め確認をするのは結構な手間なので、キャッシュレス導入は業務改善ポイントともいえます。多少の手数料を払ってもミスをなくし時間効率を上げるための投資と考えることも必要でしょう。個人教室に使える「なるべくコストをかけない対面型キャッシュレス決済方法」をご紹介します。

 

QRコード決済 機器不要なので教室業で使いやすい。加盟店審査がある。

クレジットカード決済 対面決済はカードリーダーをスマホやタブレットに取り付けて使う。最初にカードリーダーを購入する必要がある。決済手数料がかかる。(大体3%台)

チケット制 キャッシュレスではないが、一度にまとめてレッスン料を払ってもらうことで現金のやり取り回数を減らすことが可能。

 

わたしの経営するお菓子教室では早期から、初回体験費の振り込みにはクレジットカード決済を導入してきました。

初回体験費の振り込みというのはそんなにたくさんあるわけではないので、月額利用料なしで決済手数料率の低いサービスを選んで使ってきたのですが、ことごとくサービスが終了していきました。手数料が少ないというのはユーザー側にしたらありがたいことなのですが、サービスを継続するのが難しいんだなとつくづく思いました。決済サービス会社はたくさんありますが、手数料の相場は3%台、これ位の費用はかかるものと考えましょう。翻っていえばそれ以上費用がかかるものは内容に注意してください。要らないサービスがついているかもしれません。

 

【参考】

お勧め決済サービス

スクエア」(クレジットカード型)

専用リンクを作成して(これ重要)ネットでカード決済ができる。カードリーダー利用で対面決済も可能。

初期費用・月額利用費無料、決済手数料は3.2〜3.95%

PayPay」(QRコード型)

利用者が増えているので、生徒さんでもPayPay払いを希望する人が増えています。他のQRコード決済は使ってないのでわかりません。情報なくてスミマセン。

2021年5月現在初期費用・月額利用費無料、決済手数料無料。*2021年9月から決済手数料有料化の予定。料率未公開

 

 

テトコは教室の先生の業務を楽にする生徒管理アプリです。

-個人教室の経営基礎知識

© 2021 生徒管理アプリ お教室マネージャー「テトコ」