個人教室の開業基礎知識

個人教室が導入すべき2大アプリ

個人教室、ひとり経営だからこそ、ITツールを上手く使って効率よく仕事をしたいものです。

でもどんなものが必要??まずはこのふたつは必ず導入しましょう。

個人教室が導入すべき2大ツール

  • クラウド型会計ソフト

事業をする場合経理業務は必ずしなくてはいけません。私(お菓子教室経営)が開業した頃は、パッケージソフトが主流の時代。自分のパソコンにソフトウエアをインストールして使っていました。レシートや通帳からすべて手で転記して、確定申告は申告書に手で転記。手作業なのでミスが起きます。確定申告にそれはそれは時間がかかり、今思い出しても震えます。クラウド型会計ソフトは銀行やカード会社のデータと連携でき、帳簿付けは自動化が可能で、基本ミスが起こりません。本当に便利。個人教室レベルなら経理が苦手な人でも税理士さんなしで確定申告ができます。絶対使うべし。

  • 顧客管理アプリ

生徒さんの基本情報や受講履歴を管理するアプリです。生徒さんたちがどんなレッスンが気に入っているのか、どんな内容に申込みしてくれるのかなど、受講履歴をデータ化することで、よりよいレッスン内容を作ったり、適切な情報を生徒さんに提供することができます。教室の好感度・信頼性を高めるためには、顧客データを把握することがとても大事です。

「データをどんな風に活用できるか?」は使っていくうちにアイデイアが出てきます。そこはひとまず置いておき、粛々とデータを貯めていきましょう。

 

テトコは教室の先生の業務を楽にする生徒管理アプリです。

-個人教室の開業基礎知識

© 2021 生徒管理アプリ お教室マネージャー「テトコ」